読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想】となりの億万長者

この本は、億万長者とはどんな人たちなのかというのを、
アンケート等を通して分析したものです。

 

本書の内容は一貫して、億万長者になるためには

  • 一定額を稼ぐ(年収700万程度以上)
  • 倹約家になる

ということの重要性を何度も何度も繰り返して書かれています。

 

高収入≠お金持ち

どれだけ稼ぎが多くても、支出が多ければ資産を築くことはできません。

むしろ稼ぎが多くてステータスのある職業の方が、
お金のかかる生活を余儀なくされます。

人付き合いにお金がかかるし、それに見合った服装をします。
車も数年おきに高級車を買い替え、
そして高級住宅街に住み、子供を私立学校へ通わせます。

彼らはお金持ちのイメージを与えるけど、意外にそうではないようです。

資産がない者をお金持ちとは呼ばない。

 

自分の場合、倹約の方はできるかもしれないけど、問題は稼ぐ方かな…。

稼ぎの多い職業じゃなくても年収700万円稼いで、
倹約に努めて資産を持てば、本書でいう金持ちになれるそうですが。

とはいえ年収700万円というと、今の自分の年収の2倍以上になります。
現実的に高卒女子でこれだけ稼げる人は、雇われでは皆無。
副業やるか自営業しか選択肢がないです。

 

大半の金持ちは

  • 自分で会社を経営している
  • 独立して事務所を開いている専門職

ですからね。 

 

最後に本書のイントロダクションに書かれている7つの法則を紹介して終わります。

  1. 彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する。
  2. 彼らは、資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく配分している。
  3. 彼らは、お金の心配をしないですむ事のほうが、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える。
  4. 彼らは、社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない。
  5. 彼らの子供たちは、経済的に自立している。
  6. 彼らは、ビジネス・チャンスをつかむのが上手だ。
  7. 彼らは、ぴったりの職業を選んでいる。
となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則